あなたの健康を応援。自然補助食品・サプリメント・アトピー・アレルギー関連

スタッフより

画像の説明

わたしたちの考え方
『一人一人の健やかなる生涯のために
尽くすことにより、私たち自身が感動を見出し
予防医学の発展に貢献してまいります』



スタッフより

♥スタッフレター♥

『身体の機能を高める食材~冬編~』


人間のように体温を保つことができない動物たちは、寒さを乗りきるために冬眠に入ります。
体温を下げ、心拍数を減らしてエネルギーを節約し、ほとんど飲まず食わずで、冬を越すのです。人間にとっても本来 冬は休息の期間。気=生命エネルギーが低下して活動量が落ち、睡眠時間が長くなります。こうしてできるだけ体を動かさないようにすることで、エネルギーの消費を抑えているのです。このように冬は人間を含めた生きものたちが、エネルギーをしっかり蓄える、いわば元気の貯蓄期間といえましょう。
【「寒邪」(かんじゃ)が猛威をふるう冬】
冬の厳しい寒さに適応できずに起こる疾患は、「寒邪」の仕業と考えます。「寒邪」には、ものを収縮させる性質があるため、「寒邪」に侵されると血管が収縮して、人体の気血のめぐりが滞り、手足の冷え悪寒、痛みを起こします。毛穴も収縮するために、内部の熱は外へ放出できなくなり、汗が出ないまま悪寒発熱するようになるのです。空気の乾燥と冷えが厳しくなると、「寒邪」は鼻やのどの粘膜を乾燥させ、咽喉部の痛みや腫れ、口の渇きをともなう咳をもたらします。このように、いわゆる風邪の諸症状と思われるものは、「寒邪」によって起こると考えられます。
【腎の弱まりとエネルギーの低下】
「腎」は、人体の生命活動を維持する栄養物質である「精」を貯蔵し、全身に精力を与えて粘り強さや根気を生み出します。また、免疫力や防衛力の要であり、五臓五腑の機能活動を支えたり、心身の成長発育を促す働きがあります。つまり腎は、人体の生命活動を維持するエネルギーを蓄え、全身にこれを供給し、五臓五腑の健全な働きを維持する役目を担っているのです。その為、腎が弱ると生命エネルギーが衰えて気力、体力も低下し、活動量も落ちます。もうひとつ、腎の重要な働きが体内の水分代謝をコントロールすることです。腎は、体内の水分を蓄え、全身に分布させたり、尿を生成して排泄させたりして、水分代謝を管理しています。
【腎を養う鹹味(しおからみ)の食材】
冬に弱りやすい「腎」を補うのも、塩をはじめ、味噌や醤油、わかめ、昆布、ひじき、アサリ、もずく、めざし、じゃこなどの海産物があり、冬が旬のもので、ヤリイカ、イワシ、海苔などの鹹味の食材です。鹹味は大小便の排泄に不可欠な食味であり、「腎・膀胱」の機能を補い、泌尿器の働きを助けて体内の水分代謝を調整する働きがあります。他の食物では摂れないナトリウム、マグネシウムなどのミネラル類の補給源でもあります。
「旬を食べる和食薬膳のすすめ」 著者 武鈴子 から抜粋

大口店 登録販売者 笹島拓也



スタッフ健康体験記

サイモントン療法体験記

画像の説明 画像の説明 画像の説明


2010年5月末、伊豆高原にてサイモントン療法の6日間プログラムに、参加してまいりました。
サイモントン療法とは、アメリカの放射線腫瘍医で、心理社会腫瘍医のO.カールサイモントンが考案した、がん患者とその家族のための心理療法で、現在ではがんのみならず、ストレスを起因とする様々な病気に対して、同療法が提供されています。

私たちの生まれてから死を迎えるまでの、人生の目的は何でしょうか?
「幸福を経験する」ということ。また、「痛みから遠ざかり快楽を求める」ということが本能的に、プログラムされています。

子どもが自分の欲求が満たされないと、大声でなくあの様子がまさに、人の本能の部分といえますが、成長とともに自分に厳しく、人の評価を気にし過ぎたりするうちに、自分の幸福をないがしろにし、自分の本性からどんどん離れてしまうと、気が病む=病気となり、そしてこの気が元に戻ると、元気になるということなのです。

サイモントン療法についての詳細はHP「サイモントン療法」を、ご覧ください。

私自身が感じ学んできたことは、少しづつまたこの場を借り、お話していきたいと思います。 

ローフード体験記

画像の説明 画像の説明 画像の説明


皆様ローフードはご存知ですか?Row Food...「生の食べ物」という意味で、生のまま野菜や果物を摂ることにより、食物中の酵素を、まるごといただくという考えに基づいたクッキング!!

私は東京三鷹市のリビングロージャパンにて、フィジー人のTomasiさん、日本人の昌代さんご夫妻に、本場アメリカで学んだローフードの基礎を、学んできました。

マクロビオテックとは、考えがかなり違うところがありますが、なんといってもお料理全体の見た目が綺麗で、食材を煮たり焼いたりしないため、手間もかからず素材そのものの味が生かされ、すごくすごく美味しいのです♪

早々我が家もスムージーを実践中!!体の変化が楽しみ♪今後ますますローフードは、広がりを見せそうですが、それぞれのクッキングの良いところを、自分体に取り入れて行くのが、良いですね。
リビングロージャパンについての詳細はHP「リビングロージャパン」をご覧ください。

画像の説明 画像の説明 画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional